30分以内が大事

婦人

効果を出すための仕方

スキンケアをする際、お風呂上りや洗顔の後に化粧水をつけて、しばらくしてから乳液をつけます。それによって肌の保湿を維持することができ、乾燥を防いでいきます。しかし化粧水をつけるのは、お風呂上りや洗顔後の30分以内に行わなければ、化粧水の効果が減少し、毛穴も少し閉じてくるため浸透性が悪くなります。そのため化粧師のなじみが悪くなり、効果を引き出すことができなくなります。口コミや宣伝でも良いと伝えられ、肌に潤いを与える成分が配合されている化粧水なのに、つけてもちゃんと効果を感じられないということは多くの人にあるかもしれません。その原因は、つける時間が遅かったことにあるかもしれないのです。使った本人は「意外と効果がなかった」と感じてしまい、使うのをやめてしまうパターンも少なくありません。しかし本当の原因は、30分以内に化粧水をつけなかったことから成分を肌に浸透させられずに、効果をあらわすことができなかったことにあるのです。つまり上手にスキンケアをすることができていなかったわけです。化粧水はたっぷり肌につけ、しばらく手で馴染ませながら肌に浸透させ、そこから3分待ちます。なぜなら、化粧水が浸透し乾くまで待たなければならないからです。化粧水をつけてすぐに乳液をつけると、また効果が半減します。それは誤ったスキンケアの仕方です。正しいスキンケアの方法は、お風呂上りや洗顔後から30分以内に化粧水をつけ、つけてから3分後くらいに乳液をしっかりつけること、そうすることで肌の潤いを保つことができます。

Copyright© 2018 正しいスキンケアで美肌をゲット【ターンオーバーを起こす事が大切】 All Rights Reserved.